新長田のイベント

『新長田ガラスレジデンス2019』神戸市長田区

 神戸市長田区の神戸生活創造センターなどを会場に、英国からガラスアーティストを招いて文化交流を図る『新長田ガラスレジデンス2019』が開催され、11月の特定日にワークショップや展示会が行われる。  同イベントは、“ものつくりのまち”神戸市長田区と世界を紡ぐ若手の現代工芸交流プロジェクトとして実施され、英国現代ガラス協会協賛のもと、2年毎に1人のアーティストを審査により選出。選出されたアーティストは神戸市長田区へ約1か月滞在し、制作、交流を通して日本の生活文化を体験する。今回は、英国新進気鋭の若手ガラス彫刻家・ニナ・カッソン・マクガルバさんを招致。工芸一族の元に生まれたニナさんは、イギリス グロスター生まれ、フランス中部の田舎町育ちで、大自然を連想させるオーガニックなフォルムのガラスを造形する。11月7日から12日に神戸生活創造センターでニナさんの作品を展示、8日にはオープニングトークが行われる。  また、10月27日には15歳以下を対象に、ソフトワックスを用いたガラス制作体験が実施されるほか、ニナ・カッソン・マクガルバと神戸ゆかりの作家5人の器で、今年50周年を迎える「パティスリー・ド・ロマン」のケーキ2種と新長田の名店「お茶の味萬」のドリンクとアイスクリームが味わえる「スイーツ ホリデー」(11月4日)も催される。